カテゴリー

Cardboard Design Lab

シェアする


価格:無料
対応OS: Android
↑DL
最終アップデート日:2015年5月29日
公式説明
Enjoy an educational and immersive journey through principles for developing virtual reality experiences. Designing great user experiences in virtual reality is considerably different than designing for traditional 2D form factors. Virtual reality introduces a new set of physiological and ergonomic considerations to inform your design work.



VR Design Principles Covered
1. Using a Reticle
2. UI Depth & Eye Strain
3. Using Constant Velocity
4. Keeping the User Grounded
5. Maintaining Head Tracking
6. Guiding with Light
7. Leveraging Scale
8. Spatial Audio
9. Gaze Cues
10. Make it Beautiful



To fully enjoy this app you'll need a viewer that works with Google Cardboard. Learn more and get your own Cardboard viewer at http://g.co/cardboard. Share your experience through our Google+ community at http://g.co/cardboarddevs.



By using this app you agree to be bound by our Google Terms of Service ("Google ToS", http://www.google.com/accounts/TOS), Google's general Privacy Policy (http://www.google.com/intl/en/policies/privacy/), and the additional terms below. This app is a "Service" as defined in the Google ToS and the terms regarding software in our Services apply to your use of this app.



PRODUCT SAFETY INFORMATION
- Take frequent breaks while using Cardboard. If you experience nausea, discomfort, eye strain, or disorientation, immediately discontinue using Cardboard.
- Cardboard is not for use by children without adult supervision.
- Do not use Cardboard while driving, walking, or otherwise by being distracted from real world situations that prevent you from obeying traffic or safety laws. Do not drive or operate heavy machinery immediately after using Cardboard if you feel impaired or disoriented.
- If you have had or could be prone to seizures, consult a doctor before using Cardboard.
仮想現実体験を開発するための原則を通じて、教育と没入型の旅をお楽しみください。仮想現実で優れたユーザーエクスペリエンスを設計することは、従来の2Dフォームファクタのために設計するよりもかなり異なっています。仮想現実はあなたの設計作業を通知するために、生理学的および人間工学的配慮の新しいセットを導入しています。



VR設計原則はの屋根
1.レチクルを用い
2. UIの深&眼精疲労
3.等速を使用しました
4.ユーザー接地を保ちます
5.ヘッドトラッキングを維持
6.ライトと指導
7.活用スケール
8.空間オーディオ
9.視線手がかり
10.それは美しくします



完全にこのアプリを楽しむためには、Google段ボールで動作するビューアが必要です。詳細とhttp://g.co/cardboardで独自のダンボールビューアを取得します。 http://g.co/cardboarddevsで私達のGoogle+コミュニティを通して、あなたの経験を共有しています。



このアプリを使用することにより、サービスの私達のGoogle利用規約に同意したものとみなされ("グーグルのToS&QUOT ;, http://www.google.com/accounts/TOS)、Googleの共通のプライバシーポリシー(http://www.google。コム/インターナショナル/アン/ポリシー/プライバシー/)、および以下の追加の用語。サービス"このアプリは&QUOTです。 GoogleのToSおよび当社のサービス、ソフトウェアに関する用語で定義されているように、このアプリの使用に適用されます。



製品安全情報
- 段ボールを使用しながら、頻繁に休憩を取ります。あなたは吐き気、不快感、目の疲れ、または見当識障害が発生した場合は、すぐに段ボールの使用を中止。
- 段ボールは、大人の監督なしで子供が使用するためではありません。
- 運転、歩行中、またはその他の交通や安全に関する法律に従うことからあなたを防ぐため、実世界の状況から気を取られることにより段ボールを使用しないでください。あなたが損なわれたり混乱を感じた場合、すぐに段ボールを使用した後、重機を運転または操作しないでください。
- あなたが持っていたか、発作を起こしやすいことができれば、段ボールを使用する前に医師に相談してください。

GoogleCardboardアプリを作成するにあたってのガイドライン的な物を示した体験型デモアプリです。

グラフィック・ポリゴンなどは単調なものばかりですが、さすが本家が作成したアプリなだけあってしっかりと作られています。

アプリ内で体験出来るのは以下の10個です。

  1.  Using a Reticle
  2.  UI Depth & Eye Strain
  3.  Using Constant Velocity
  4.  Keeping the User Grounded
  5.  Maintaining Head Tracking
  6.  Guiding with Light
  7.  Leveraging Scale
  8.  Spatial Audio
  9.  Gaze Cues
  10. . Make it Beautiful

スポンサーリンク