カテゴリー

VRME

シェアする


価格:無料
対応OS: Android   iOS
↑DL
最終アップデート日:2016年9月26日
公式説明
VR MEはVR映像を鑑賞することができるVRプレーヤーです。一般的な映像からVR映像までVR機器を身につけて楽しむことができます。
シネマモードを使用して一般的な映像を鑑賞するときは、 100インチシアターに一人座って鑑賞する鮮やかな臨場感を感じることができます。
スマホに保存されているVR映像を鑑賞することができるように、画面、映像再生の設定を多様に提供しています。

VR機器にスマホを装着した後でも、VR映像の再生のための設定をアイトラッキングを使用して変更できます。

- 映像設定:360度、180度、上下分離、左右分離を選択して鑑賞することができます
- シネマモード:通常の映像を映画館のように楽しむことができます
- 画像サイズ/アスペクト比の調整:画像サイズとアスペクト比を調整し、最適な状態で鑑賞することができます。
- サウンド/画面の明るさの調整:サウンドと画面の明るさを設定メニューで設定可能です。
- seekbar:seekbarを移動させて再生位置を選択することができます。
- 字幕設定:字幕ファイルがある場合、字幕の設定に対応します。

VRMEは、皆さんのレビューを常にチェックしております。
レビューで応援をしてください!
常に最高のサービスを提供できるよう努力しております。
ありがとうございます。

通常の2D動画から180度・360度動画や3D動画などに対応できるVR対応動画プレイヤーです。

センサー補正の為か何かわかりませんが、システム変更の権限を与えてあげないと起動すら出来ないのがちょっと怖いですね。

あとはカメラの撮影や電話を掛けられる権限も与えないといけないです。

また、類似というかイメージカラー以外全く同じな「JVR」というアプリも有ります。

まぁ、それは置いとくとして(^_^;)

VR対応動画プレイヤーではなかなか数が少ない「日本語対応」のアプリです!

動画の選択の段階からスマホ用VRゴーグルに入れたまま視線での操作が可能です!

14791617776180

動画再生中に視線を素早く下に落とすと、シーク操作や明るさ・音量やその他画面・画像情報の変更が出来ます。

動画再生に戻りたい場合は視線を設定画面よりも上に向けましょう。

14791617776281

画面モードは

  • 「平面」通常の非360度の動画、つまり一般的な2D動画の事ですね。
  • 「シネマ」映画館の中で見ているような雰囲気を味わえます。
  • 「180度」180度の動画であればこれを選択します。
  • 「360度」360度の動画であればこれを選択します。

画面設定では

  • 「断面」3Dではない(元画像が左右や上下で分かれていない)通常動画はこちらを選択です。
  • 「左右」画像が左右で分かれている3D動画(SBS = サイドバイサイド)の場合にはこちらを選択
  • 「上下」画像が上下で別れている3D動画(T/B = トップアンドボトム)の場合にはこちらを選択

その他にも画面の大きさとアスペクト比も選べます。

14791617777372

ちなみに、シネマを選択するとこんな感じに表示されます。

ちょっと、チープな感じがしますね^^;

個人的には

有料ではありますがCmoar VR Cinema PROの方が雰囲気がかなり出ていて好きですね。

Cmoar VR Cinema PRO
Cmoar VR Cinema Demoの製品版です。 映画館の雰囲気を忠実に再現した動画再生プレイヤーです。 アプリ開始直後からVR対応表示なので、いちいちVRゴーグルからスマホを取り外したりする必...

また、360度の3D動画を見るのが前提であれば

「Magic VR Video Player」というアプリがおすすめです。(Android限定)

というのも、VRMEは3Dや360度といった設定を保存してくれないので毎回選択し直さないといけないのと、拡大率や処理の問題だとは思いますが動画再生中の一瞬のカクツキだったり像がダブって立体視出来ないです。(仕様端末Nexus6P)

その点「Magic VR Video Player」は主要なVRゴーグルごとのプリセットもありますしカクツキもありません。拡大率の変更も出来ますし拡大率変更したとしても像がダブって立体視出来ないなんて事もありませんでした。

無料アプリなのでとりあえず「Magic VR Video Player」も試してみて下さい。

スポンサーリンク